スマホを高く売るために知っておきたい5つのポイント

 

スマホを高く売るために知っておきたいポイントをまとめました。

 

 

宅配買取を利用する

スマホを売る際、近くの買取店で売る方も多いと思いますが、
基本的に店頭買取よりも宅配買取の方が高く売れることが多いです。

 

その理由としては、
宅配買取は店頭買取に比べてコストがかからないため、
その分を買取価格に回せるからです。

 

店頭買取の場合は人件費やテナント費など、莫大な運営費がかかっていますが、
宅配買取の場合はそれを大幅に削減できるため、
削減した分を買取価格に回し、他店に対抗しているというお店が多いので、

 

スマホを高く売るなら宅配買取が中心のお店で売るのがおすすめ。

 

専門性の高いお店で売る

ゲオやブックオフといった大手買取店の場合、
漫画やゲーム、DVD、フィギュアなど、様々なジャンルの買取を取り扱っていますが、
そういったお店は利用しやすい反面、個々のジャンルの買取価格はそこまで高くありません。

 

取り扱いジャンルが多いお店で売るより、
スマホを専門に取り扱っているような、専門性の高いお店で売る方が高く売れます。

 

売る前に綺麗に拭く

「売る前に拭くだけで値段が上がるわけない」

 

と思ってそのまま査定に出す方も多いですが、
これだけで買取価格は上がります。

 

なんだかんだ買取側は出来るだけ安く買い取りたいので、
これをしないだけでも買取価格が下げられるのはよくあります。

 

自分で綺麗に出来る部分は綺麗にしておきましょう。

 

買取額UPキャンペーンを狙う

当たり前ですが、買取額UPキャンペーン中に売った方がお得です。

 

取り扱いジャンルが多いお店は全体的なキャンペーンをすることが多いですが、
専門性の高いお店の場合、スマホだけのキャンペーンであったり、
iphone、androidなどをピンポイントで狙ったキャンペーンなども実施されているので、
そういったキャンペーンを狙って売るとより高く売れるでしょう。

 

出来るだけ早めに売る

買取価格相場は日々変動しています。

 

特にスマホのような、次々に新しいものが出てくる商品の場合は変動が激しく、
2~3ヶ月で1000~2000円買取価格が下がるなんてこともしばしば。

 

マニアックな物であればプレミアが付いて値段が上がることもありますが、
スマホでプレミアが付くということはほぼありませんし、
基本的には買取価格は下がっていくものです。

 

買取額UPキャンペーンを待つのもおすすめですが、
あまり待ちすぎると逆に損をしてしまうので、
1ヶ月程度様子を見て、早めに売ってしまった方がいいでしょう。